本文へ移動

測量機レンタル

≪自動追尾トータルステーションによるワンマン測量≫

注目(株)小森建設 様  【NETIS 準推奨技術】
  • 直線道路のセンターを杭打ちしていきます。
    直線道路のセンターを杭打ちしていきます。
  • データコレクタの画面に表示されるミラーの位置と既知点の位置を見ながら誘導に従います。
    データコレクタの画面に表示されるミラーの位置と既知点の位置を見ながら誘導に従います。
  • 杭打ちする点をピタッとおさえることができました。
    杭打ちする点をピタッとおさえることができました。
  • 現場で路線計算をしてそのまま杭打!プラ杭・幅杭をその場で計算して杭打することができます!
    現場で路線計算をしてそのまま杭打!プラ杭・幅杭をその場で計算して杭打することができます!
  • 【NETIS 準推奨技術】に登録されています。
    【NETIS 準推奨技術】に登録されています。
    • 直線道路のセンターを杭打ちしていきます。
    • データコレクタの画面に表示されるミラーの位置と既知点の位置を見ながら誘導に従います。
    • 杭打ちする点をピタッとおさえることができました。
    • 現場で路線計算をしてそのまま杭打!プラ杭・幅杭をその場で計算して杭打することができます!
    • 【NETIS 準推奨技術】に登録されています。
(株)小森建設 様  【NETIS 準推奨技術】
 自動追尾トータルステーションSRX・リモートキャッチャー・土木用測量ソフト シビルマスターを使ったワンマン測量の様子を『株式会社 小森建設』様にご協力頂き、ご紹介いたします。
 
直線道路のセンターを杭打している様子です。
今回は一人がリモートキャッチャーとデータコレクタ(シビルマスター搭載)を持ち、バック点視準→0セット→センターの点をおさえる。もう一人がおさえたセンターの点に鋲を打つという作業でした。
 
ミラーを測距したSRXからデータコレクタにミラーの現在位置をリアルタイムをデータ送信します。
この間、SRXはミラーを自動追尾し連続測距を行っています。
既知点(X/Y/Z座標のわかっている点)とミラーの現在位置の差がデータコレクタの画面に表示されます。
 
図を使った表示と、既知点まで前後±○mm、左右±○mm、高さ±○mmという数字による誘導を行うので、直感的におおよその既知点の位置を把握し、mm単位の細かな位置の確認をすることができます。
 
今回は路線データを用いずにセンターのみの設置でしたが、シビルマスターに路線データをもたせることにより、その場で任意のプラ杭・幅杭を計算して座標化することができるので、現場で欲しい点を即座に計算し杭打をすることが可能となります。
 
SRXを現場に導入することにより測量から測設までを省力化することができ、国土交通省の進める情報化施工のうち、TS出来形管理・TSによる転圧管理にまで幅広く活用することができます。
 
交通量の多い道路のため、何度か車両の通行によりSRXの自動視準を妨げられることはありましたが、SRXの今後の活躍が見込める一日となりました。
 
大変お忙しい中、お時間を割いて頂きました『株式会社 小森建設』様。
誠にありがとうございました。
 
 
上記にご紹介した技術はNETIS準推奨技術に登録されています。
詳細は下記URLにてご確認下さい。
→http://www.topcon.co.jp/positioning/sokkia/netis/lineup/index.html
有限会社 二豊測機サービス
〒870-0157
大分県大分市高城本町8-12
TEL.097-573-0881
FAX.097-573-0883

測量機 販売 レンタル 修理
0
8
7
7
3
3
TOPへ戻る